読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相場の福の神ブログ

まいど、相場の福の神こと藤本です。株式投資に関する様々な情報を発信しています。

2015年7月6日 半歩先読み ギリシャ、国民投票 まさかの否決 ドラクマ復活ならこの銘柄 6349

半歩先読み

「相場の福の神が語る!ニュースを半歩先読みマル秘術」第435回 ギリシャ国民投票 まさかの否決 ドラクマ復活ならこの銘柄
 
ギリシャ国民投票 日本経済新聞 1面

注目のギリシャ国民投票の結果が判明しました。何と「否決」です。チプラス首相が勝利宣言を行っています。しかし、今後のEU側との交渉は難航しそうです。国内のユーロは枯渇するため、事実上の自国通貨を発行せざるを得なくなり、ユーロ圏の離脱につながるかも知れないとのことです。

ギリシャがユーロ圏を離脱した場合、以前の通貨である「ドラクマ」が復活することになりそうです。「ドラクマ」はユーロに対して大きく売り込まれることになります。ギリシャとしては、日本が「円安」によって大きく経済が復活したように、「ドラクマ安」によって外需や観光収入の増大をはかり、経済の建て直しを模索することになるでしょう。

ギリシャドラクマに移行した際は、必要になる新紙幣が膨大な量に上ることから、ギリシャは外部の印刷業者に頼らざるを得ないとみられています。その場合の候補として名前が挙がっているのが、世界最大の紙幣印刷会社、英デ・ラ・ルー社です。

 この英デ・ラ・ルー社より紙幣印刷設備(オフセット機、凹版機、番号機、両面コーター機)を受注したことがあるのが、日本の小森コーポレーションです。「ドラクマ」復活の連想ゲームで浮かぶのは、この銘柄になります。

小森コーポレーション (6349)

f:id:soubanofukunokami:20150706085409j:plain

今日のポイント
ギリシャ国民投票で、緊縮財政を要求するEUの考え方が否決されました。この動きを主要国で最初に織り込まなければならないのが日本です。その結果、6日の日経平均は売りが先行しそうです。ただ、ギリシャ問題は次第に特殊な問題として処理されていく可能性が大きいとみられます。6月29日の安値20,093円は下回らない可能性が大きいとみます。心理的な節目20,300円、同20,200円くらいまでで下げ渋れば、切り返す可能性もありそうです。


相場の福の神 本日の注目銘柄
前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します
新52週間高値119、新52週間安値15
阿波製紙 (3896)868 円
新高値更新 一時5日連続ストップ高も引けに掛けて上げ幅縮めました。6月29日半歩先読み紹介銘柄。
 
アトラ (6029)4,300 円
新高値更新 ほねつぎチェーンを運営。連日の高値更新です。

野村ホールディングス (8604)877円
新高値更新 トヨタAA株の条件決定で、収益改善の思惑。

明豊ファシリティワークス (1717)365円
新高値更新 高値圏の保ち合いを上抜けてきました。

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!
※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。